専業主婦の確定申告とかしこい収入の得方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
専業主婦の確定申告とかしこい収入の得方

専業主婦でも確定申告が必要なことあるのをご存知ですか?
それはずばり収入があった場合です。

専業主婦でも収入がある場合とは、例えば、ネット収入や、FX(外国為替証拠金取引)など金融商品取引で利益を上げた場合です。

確定申告が必要な場合

ネット収入であれ、FXであれ、専業主婦の場合、年間所得が38万円を超えている場合は、確定申告が必要となります。
ここで注意が必要なのは、年間所得とは、収入から必要経費を引いた金額のことだということです。
必要経費については、ネット収入の場合はパソコン代、プロバイダー使用料、文房具代などです。その他にも自宅を使っている場合には家賃や電気代なども含まれます。FXの場合は、外枠の手数料は無料で提供されているケースがほとんどであるため、経費というと有料セミナー受講料や、書籍代などが該当するようです。ただ、経費の範囲には具体的な定めがないため、実際に申請する管轄の税務署などに確認をとりましょう。
また、この必要経費については、年間最低65万円が認められています。
つまり、「38万円(年間所得)+65万円(最低必要経費)=103万円(収入)」となり、収入が103万円以内の場合は、確定申告の必要がありません。
これが俗に言う「103万円の壁」です。

扶養範囲内で稼ぐ

ご主人が確定申告をする際に、税金が少し安くなる配偶者控除や特別配偶者駆除があります。
専業主婦であっても、ネット収入やFXなどからの収入が多くなり、年間所得が増えてくると、扶養の範囲を外れてしまいます。では、どれくらいの所得の範囲であれば、ご主人の控除の対象範囲を外れないのでしょうか?

扶養から外れない範囲とは、以下の条件となります。

・年間所得が76万円未満(年収で言えば141万円未満)

ただし、ご主人の合計所得金額が1,000万円(給与収入で1,231万円)を超えると、その年には、受け取ることができませんので、注意が必要です。

いくら収入があればお得なのか

実際にいくらの収入であれば、最もお得なのでしょうか?これはご主人が会社員か、自営業かで変わります。

(1)ご主人が会社員の場合

所得税、住民税に比べて、社会保険料の負担は大きいため、年収130万円から150万円くらいの間が負担の割合が大きくなります。
よって、会社員の妻の場合は、年収を130万円以内に収める、160万以上稼ぐのがよいでしょう。

(2)ご主人が自営業をしている場合

ご主人が社会保険料を支払う必要がないので、負担の割合は収入とともに増えます。稼いだ分だけ、収入は増えていくことになるでしょう

まとめ

以上、専業主婦であっても確定申告をしなければならないケースと、かしこい収入の得方について解説いたしました。

専業主婦の確定申告について、改めてポイントをまとめると、

●収入から必要経費を引いた額が所得

●すべての所得の合計が、年間38万以上の場合は、専業主婦でも確定申告が必要

●ご主人が会社員の場合は、年収を130万以内に収めるか、160万以上稼ぐほうがお得

確定申告は、専業主婦にはどうしてもなじみが薄いので、なにかしらの収入を得た際には、思わぬところで余計な税金を納めないように、勉強をしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。