収入と所得の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
収入と所得の違い

「収入」と「所得」は、日常生活のなかで、ついついて同じ意味のように使われたりしていますが、実は全くの別物です。普段はあまり意識しませんが、確定申告の時期などになると、その違いが気になる言葉ですね。
収入と所得の違いについて、しっかりと覚えて確定申告などに役立てましょう。

基本的な「収入」と「所得」の考え方

「収入」と「所得」の基本的な考え方を、まずは知っておきましょう。
一言で言えば、収入から必要経費を差し引いたものが所得です。

収入-必要経費=所得

収入の定義については、サラリーマン(会社員)や自営業者、年金生活者など、職業などによって若干異なりますが、一般的には「年収」と覚えておいて差支えはないでしょう。
必要経費ですが、職業や業種で最も項目が変わります。

サラリーマンにとっての収入と所得

サラリーマンは税法上、給与所得者となります。パートやアルバイトの場合も、同様です。
サラリーマンにとっての「収入」とは、給与や賞与などの合計のことです。一般的に年収と言われるものが収入です。源泉徴収票の支払金額欄に書かれている金額があたります。
次に所得の計算に必要な項目が、「必要経費」です。サラリーマンにとっての必要経費とは、給与所得控除です。給与所得控除は、年収によって計算式にて決められています。
最後に「所得」についてですが、所得は、「年収」から「給与所得控除」を引いた金額が所得となります。

「年収」-「必要経費」=「所得」

年収が450万のサラリーマンでシミュレーションをしてみましょう。年収が450万の人の給与所得控除は、「450万円(年収)×20%+54万円」で、144万円となります。よって、所得は「450万円(収入)-144万円(必要経費)=306万円」となります。

自営業者にとっての収入と所得

自営業者にとっての「収入」とは、一般的には年商のことです。一般的な飲食店や雑貨屋などでは、売上となります。
次に「必要経費」ですが、必要経費は業種や業態によってさまざまです。飲食店では食材の仕入れ、厨房器具、店内設備、さらにはバイトへの給与も必要経費に含まれます。
最後に「所得」についてですが、所得は、「年商」から「必要経費」を引いたものが所得となります。

「年商」-「必要経費」=「所得」

年商が2,000万の飲食店でシミュレーションをしてみましょう。年商が2,000万円で、必要経費は、飲食店の場合、55%位までが適正値言われているので、「2,000万円(年商)×55%」で、1,100万円となります。よって、所得は「2,000万円(年商)-1,100万円(必要経費)=900万円」となります。

年金生活者にとっての収入と所得

自営業者にとっての「収入」とは、「公的年金」の額面が収入にあたります。公的年金とは国民年金、厚生年金、共済年金のことです。公的年金は,所得の区分としては、雑所得にあたります。ただし、別途収入がある場合や、年金タイプの保険に加入している場合には、それらも含まれますので注意が必要です。
次に年金生活者にとっての「必要経費」ですが、「公的年金等控除額」となります。
年金受給者の年齢が65歳未満か65歳以上であるか、そして公的年金の収入にとって決められています。
所得ですが、公的年金から、公的年金等の控除額を引いたものが所得となります。

「公的年金」-「公的年金等控除額」=「所得」

65歳以上で、公的年金の収入が150万円の方でシミュレーションをしてみましょう。65歳以上で150万円の収入の方の公的年金控除額は、国税庁によって決められています。
控除額は120万円となっています。
よって、所得は、「150万円(公的年金)-120万円(公的年金控除額)=30万円」となります。

まとめ

以上のように、収入や所得には明確な違いがあり、また、職業などによって対象となる項目が異なります。まとめると、

    • 収入とは、一般的には「年収」(自営業者の場合は「年商」、年金生活者の場合は「公的年金」の額)のことである
    • サラリーマンの所得とは、「年収」から「必要経費」を引いたものである(「年収」-「必要経費」=「所得」)
    • 自営業者の所得とは、「年商」から「必要経費」を引いたものである(「年商」-「必要経費」=「所得」)
    • 年金生活者の所得とは、「公的年金」から「公的年金等控除額」を引いたものである(「公的年金」-「公的年金等控除額」=「所得」)
  • となります。
    これらの違いを理解し、源泉徴収票の記載や確定申告の際には数値に気を付けて誤りがないよう対応することが肝心です。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    SNSでもご購読できます。