公的年金受給の確定申告

日本は、2007年に高年齢化率(全人口に対する満65歳以上の割合)が21%を超え、超高齢社会となりました。
公的年金受給者は年々増え続けており、福祉の財源確保が政府の課題となっています。
続きを読む